• トップ/コンセプト
  • 渋谷区松濤
  • 渋谷区松濤
  • デザイン
  • プラン
  • モデルルーム
  • 設備・仕様
  • アクセス

渋谷ストリーム/徒歩21分(約1,680m)

redevelopment

成熟した国際都市へ。シティプライドのある街へ。

ダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(多様性をエネルギーへと変えてゆくこと)をスローガンに、
世界から注目され愛される街を目指す渋谷。
住む人、働く人、学ぶ人、活動する人など、この地に関わるあらゆる人々の多様な力をベースに、
「ちがいを ちからに変える街。渋谷区」の実現を目指している。

現地周辺航空写真

未来の東京を担う、大規模開発で
渋谷は大変貌を遂げる。

渋谷駅を中心に大規模でかつ総合的な開発ラッシュが2020年後も続く渋谷。
世界各地から人々を迎え、満たす街を目指し都市再生のモデルプロジェクトが次々と進行中。
アーバンコアの整備により、歩行者の利便性の向上や開放的な空間が生まれる駅の上には、
渋谷駅周辺地区最大級のオフィス兼商業施設となる渋谷スクランブルスクエアが開業予定。
さらに、空港リムジンバスの発着場を含む西口の新たな顔、東急プラザ渋谷や、
グローバル対応の生活支援施設やベンチャー育成を図る起業支援施設を兼ね備えた渋谷駅桜丘口地区も進行中。
またクリエイティブ・コンテンツ産業の拡充を図るため、
産学連携による「渋谷発・ベンチャー」の育成も計画。
生まれ変わる渋谷は、東京そして日本の活性化の未来へと受け継がれる。

Asia Headquarter Special Zone

日本の更なる発展のために、クリエイティブ産業の
一大拠点へ変わる「渋谷」。

日本経済再生を牽引していく国際戦略総合特別地域として、
東京都で推進する「アジアヘッドクォーター特区」に指定された渋谷。
現在駅を中心に、IT・映像・ファッションなどのクリエイティブ・コンテンツ産業の
イノベーションを促す交流施設や、来街者をひきつける情報発信施設、観光支援施設ををつくり、
世界から常に注目を集めるクリエイティブハブとして変貌を遂げるべく進化しつづけている。

SHIBUYA 109/徒歩14分(約1,050m)

Global City "SHIBUYA"

渋谷は、新世紀の光をもたらす
世界の「SHIBUYA」へ。

ヒカリエをスタートに新アイコンが次々と登場し、今渋谷はまさに変貌の時を迎えている。
百年に一度ともいえる大改造で、ロンドン、パリ、ニューヨークと肩を並べる
国際都市へと生まれ変わろうとしているのだ。
渋谷が世界を変える。そんな未来はもう間近に迫っている。

渋谷ヒカリエ /徒歩19分(約1,510m)

西武渋谷店/徒歩16分(約1,230m)

東急百貨店東横店/徒歩17分(約1,310m)

渋谷マークシティ/徒歩13分(約1,010m)

渋谷モディ /徒歩18分(約1,390m)

※掲載の写真は2018年5月撮影
※表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分、として算出し、端数は切り上げております。