• トップ/コンセプト
  • 渋谷区松濤
  • 渋谷再開発
  • デザイン
  • プラン
  • モデルルーム
  • 設備・仕様
  • アクセス
その未来はきっと、あなたの想像を超えてゆく。

外観完成予想CG、眺望写真

design

「伝統」と「モダン」を一つの建築に結実。

「DUEAGE CORRAD SHOTO」のプロダクトコンセプトに掲げたのは「伝統」と「モダン」。地名の由来である「茶園」の風情を想起させる和紙や格子や玉砂利。街行く人をも優しくもてなす黒を基調にしたファサードや、日本庭園を介して外部と内部を一体的に連続させたエントランスホールなど、この地の文脈や歴史を受け継ぎながら、和のエッセンスをラグジュアリーモダンへと昇華。培われてきた豊かな空間創造力で、松濤でしか表現できない、誇り高き洗練のレジデンスを描いている。

外観完成予想CG

Facade

時代を超えて継承されてきた建築美と、最新鋭の美。
この二つを融合することで生まれた優美なる表情。
ある日はやさしく迎え、またある時は威厳をもってもてなすような、
細部にまでこだわった妥協なき意匠が、
松濤私邸の魅力をさらに高める。

エントランス完成予想CG

Entrance

水の流れを表した玉砂利や橋、格子、錆色、和紙など、
日本の美が息づくエッセンスと、この地に伝わる地脈と気高さを融合。
松濤の街並や景観条例を意識した「外に閉じ内に開いた空間」をコンセプトに、
邸宅にふさわしい新たな普遍を描いたエントランス。

エントランス完成予想CG

Entrance hall

エントランスを入ると迎えるのは、外界の自然が黒い額縁で美しく切り取られたガラス窓。
そして、行灯のように仄かな光を放つ左右対称のオブジェや、下り天井の格子から発光するやわらかな光、
土の風合いを活かした版築壁で構成されたエントランスホール。
和の空気を纏いながら、それらが共鳴し美しくモダンな非日常の世界を創っている。

エントランスホール完成予想CG

Entrance

四季彩豊かな、この国に生まれたことの歓び。
それを型にはまった美意識ではなく、できるだけ自然のままに生かしながら、
一幅の絵のような空間として日々の中に取り入れたい。
風が揺らす葉のさざめきも、凛とした静寂も、みずみずしい新緑も、
全てはあなたを楽しませるために。

エントランス完成予想CG

Entrance
  • SHIRAKASI

  • SOYOGO

  • IROHA MOMIJI

  • MURASAKISHIKIBU

  • NANTEN

  • KINMOKUSEI

  • SATSUKI TUTUJI

  • ARAKASI

all images

※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描いたもので、外観・外構・植栽・仕上・調度品等は実際とは異なる場合があります。外観形状の細部や設備機器等は表現されておりません。
※眺望写真は現地13階相当から撮影(平成30年7月)したものにCG加工しており、実際とは異なります。